THE Sweat Zip up Hoodie
new
5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820 5f59a1482742d71a2e90d820

THE Sweat Zip up Hoodie

¥29,700 税込

送料についてはこちら

  • Gray / S

    残り1点

  • Gray / M

    残り1点

  • Gray / L

    残り1点

  • Navy / S

    残り1点

  • Navy / M

    残り1点

  • Navy / L

    残り1点

  • Black / S

    残り1点

  • Black / M

    残り1点

  • Black / L

    残り1点

やわらかく、伸縮性があり、洗っても劣化しない。 THEでスウェットを作ろうと考えたとき、最初に思い浮かんだのが吊り編みのスウェット生地でした。 世界でも数百台しか現存していないと言われる吊り編み機は、ニット生地を編み立てる旧式の編み機で、糸を無理に引っ張らずに手編みのようにゆったりと編んでいく機械のこと。 生産効率が低いかわりに、丈夫で劣化せず、洗いこむほどに実感できるやわらかい生地をつくることができるのが特長です。 今では吊り編み機は減ってしまいましたが、1960年代中頃までのヴィンテージと呼ばれるスウェットシャツのほとんどがこの生地で作られていて、何十年も経った現在でも古着として多くのファンを魅了し続けていることが、耐久性の高さや品質の良さを物語っています。 『THE Sweat』の吊り編み生地は、アメリカンピマコットンを用いて紡績段階で撚糸による斜行を極力なくした柔軟性のある特殊糸を作り、その特殊糸で編み立てています。つまり、糸を作る段階から素材を無理に引っ張らずに自然な状態を保つように作っているのです。 また、水に濡れると縮んでしまう編み地の特性を生かし、洗いをかけることで、より理想的な形状になるよう設計をしています。 縫製では、フラットシーマと呼ばれる4本針のミシンを採用。 縫い目(シーマ)に生地の端が出ず、平らになるため、肌辺りの良い衣服に仕上がります。 縫製とパターンの研究は、創業60年のカットソーメーカーである丸和繊維工業株式会社。 肌着から事業をスタートし、身体の動きや姿勢に合わせた独自のパターン研究と縫製技術が評価され、2010年には同社製品が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙船内被服にも選定されています。その独自研究に基づいた衣服設計と縫製技術を応用し、見た目はベーシックな形状でありながら、動いても着崩れが起きない最高の着心地を実現しました。 普遍的な形状に、いつまでも風合いの変わらない生地。 そこに少しだけ機能が進化したTHEらしいスウェットが完成しました。